検索
  • Sunnyside English School

フォニックス Phonics


Sunnyside English SchoolではBunnyクラスからフォニックス学習をスタートします


フォニックスとは英語の発音とつづりの規則性をルール化した学習法

外国の子供たちが英語のスペルを覚える学習方法になります。 綴り字と発音との間に規則性を明示し、正しい読み方の学習を容易にさせる方法の一つです。


例えば、日本語では、「あいうえお・・・・・」と覚えたら、単語も文も読めるようになります。

英語では、26のアルファベットの「文字」と「呼び方」を覚えても、単語が読めるわけではありません。なぜならアルファベットの26文字には、「名前」の他にもそれぞれ「音」があるからなのです。


例えば、“b”という文字は、“ビー”という「名前」があります。

でも、音は“ブッ”になります。“o”は“オ”、“x”は“クス”と発音しますので、それらの文字が組み合わされて単語となったときに、「box(ボックス)」と発音されます。

アルファベットの「音」と「文字」の関係 → フォニックスルールを学ぶ方法が効率的です。文字がたった26文字しかないので、どんどん読めるようになり、読めるようになると書けるようになります。

音と文字のルールさえ覚えてしまえば、早ければ幼稚園児でも大人向けの本を読めるようになります。もちろん意味を完全に理解できるわけではありませんが、書かれた文字を正しく読むことができます。

正しい発音も身につきますし、聞いた音をスペルすることもできるようになります。


「例外」単語もあるので、100%の単語が読めるようになりますとは言えないですが、

フォニックスを身につけると英単語力がアップするだけではなく、「聞く・話す・書く・読む」の4技能すべての力がアップします。


随分前のことですが中学校で英語がスタートした時、

スペルを覚えて、読み方を覚えて、意味を覚えて...と大変でした。

でも、フォニックスができれば読めて、発音ができるので覚えるのは意味だけになります。

だいぶ楽だと思います。


英語が教科化していく中で、たくさんのキッズに英語が得意!と思っていただけるように、

楽しく、細く、長く英語に親しんでいただけるようなレッスンを心がけています。


写真はある日のバニークラス。

フォニックスを学ぶことで R とLの違いがわかるようになります☆



Puppy Class

Bunny Class

Dolphin Classは5月末まで、入会金無料キャンペーンを行なっています。


お気軽に無料体験レッスンにお越しください。

スタッフ一同、お待ちしております!


146回の閲覧
お問い合わせ

Sunnyside english school

03-6321-2303
東京都世田谷区宮坂1-28-6
(宮の坂徒歩3分 経堂徒歩9分)

© 2020 Sunnyside English School